Monday, March 1
Shadow

俳優の綿引勝彦さんが膵臓がんで他界…CTやMRIで早期発見を|Dr.中川 がんサバイバーの知恵 – 日刊ゲンダイ

「投了すると伝えてくれ」

 先月30日に膵臓がんで亡くなった俳優の綿引勝彦さん(享年75)は息を引き取る直前、妻で俳優の樫山文枝さんにそう呟いたそうです。樫山さんは「夢うつつの中で将棋を指していたのでしょうか。これで人生を投了するということでもあったのでしょうか」とマスコミへのコメントで振り返りながら、「最期は眠るように逝きました」といいます。

 報道によると、綿引さんは3年前に膵臓に進行がんが見つかったそうです。その後、肺への転移が見つかり、化学療法を受けていたそうですが、昨年11月に積極的な治療を打ち切って、自宅療養に。体の負担が重い治療を避け、緩和ケア中心に切り替えたということでしょう。

 綿引さんの2週間ほど前に亡くなった俳優の浅香光代さんも「痛みを感じることなく、やすらかに永眠しました」と報じられました。こちらも緩和ケアがうまくいったことが推察されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *