Monday, June 14
Shadow

「1分で60段の階段を走らず、立ち止まらず登れる」なら心臓は良好? – QLifePro医療ニュース

読了時間:約 1分50秒

2020年12月25日 PM02:00

4階まで1分で上れたら、ひと安心

階段を4階まで1分以内に上ることができれば、心臓の状態は良好である可能性が高いことを示した研究結果が、(ESC)科学プログラムのバーチャル会議(EACVI-Best of Imaging 2020、12月11~12日)で報告された。


画像提供HealthDay

この研究は、ア・コルーニャ大学病院(スペイン)のJesús Peteiro氏らによるもの。同氏らは、「多くの対象者の中から精密な検査が必要な人を絞り込むために、心臓の健康状態を簡便かつ低コストで評価可能なスクリーニング法を探索するため、この研究を行った」と、研究の背景を語っている。結果として、階段をどれだけ速く上れるかを調べるという簡単な方法が、心臓の状態の把握に役立つとの結論を得られたという。

研究の対象は、冠動脈疾患の既往のある患者、または、胸痛や労作時の息切れなどの症状が見られ冠動脈疾患が疑われる人で、運動負荷試験が有用とされる165人。

まず初めに、トレッドミルによる運動負荷試験を施行。走行速度を徐々に上げていき、疲労困憊に至るまで負荷を続け、METs(metabolic equivalents。代謝当量)を計測した。その後、15~20分間の休息を挟んで、階段を上る試験を行った。これは、1階から4階まで60段の階段を走らずに、かつ、立ち止まらずできるだけ短時間で上るというもの。トレッドミルによる運動負荷試験で得られたMETsと階段を上るのに要した時間を比較したところ、40~45秒以内に4階まで上れた人は、トレッドミル試験でのMETsが9~10以上であることが分かった。

これまでの研究から、運動負荷試験で10METs以上の運動耐容能が確認された人の死亡率は、1年当たり1%以下(10年以内に10%以下)と、低率であることが示されている。今回の研究で、階段を上るのに1.5分以上かかった人は、トレッドミル試験の結果が8METs未満であった。これは、1年当たりの死亡率が2~4%、10年以内では30%の死亡率に相当する。実際に今回の試験でも、4階まで上るのに1.5分以上かかった人では、その58%にトレッドミル試験で心機能の異常が認められた。一方、1分未満で上れた人では心機能の異常が認められたのは32%だった。

Peteiro氏は、「階段を利用した負荷試験は、心臓の健康状態を簡単にチェックできるスクリーニング法と言える。もし、日常生活で4階まで上るのに1.5分以上かかるようであれば、健康状態に問題がある可能性が考えられ、医師に相談した方がよい」と述べている。

なお、学会発表された研究は通常、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものと見なされる。(HealthDay News 2020年12月11日)

▼外部リンク
Test your heart health by climbing stairs

HealthDay
Copyright c 2019 HealthDay. All rights reserved.

※掲載記事の無断転用を禁じます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *