Sunday, June 13
Shadow

中高年に多い「悪性リンパ腫」 原因不明の発熱や寝汗、体重減少に注意 – 日経Gooday

「血液のがん」といえば白血病が有名だが、実は白血病より患者が多いのが「悪性リンパ腫」だ。悪性リンパ腫は中高年に多く、70種以上のタイプが存在するという。そのため、検査でタイプや悪性度をしっかり把握し、それに沿った治療を進めることが重要となる。悪性リンパ腫の治療の現状について、埼玉医科大学総合医療センター血液内科教授・診療部長の木崎昌弘氏に聞いた。

血液がんの1つ、悪性リンパ腫は50~60代から増え始める

悪性リンパ腫はどのような病気なのでしょうか。

木崎 「血液のがん」と呼ばれる造血器腫瘍には、悪性リンパ腫白血病多発性骨髄腫の3つがあります。この中で日本人に最も多いのが悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は、骨髄で作られる血液細胞(赤血球、白血球、血小板)のうち、白血球の一種であるリンパ球ががん化して起こります(図1)。

図1 悪性リンパ腫は「リンパ球」ががん化して起こる

悪性リンパ腫は、骨髄で作られる赤血球、白血球、血小板のうち、白血球の一種であるリンパ球ががん化して起こる。

[画像のクリックで拡大表示]

 悪性リンパ腫は、特徴的な細胞が見られる「ホジキンリンパ腫」と、それ以外を指す「非ホジキンリンパ腫」に分けられ、日本では非ホジキンリンパ腫が約9割を占めています(表1)。細かな病型で見ると70種以上のタイプ(病型)があり、それによって進行が速いかどうか、つまり悪性度がかなり違います。年単位でゆっくり進むものもあれば、月単位、もっといえば週単位で進むタイプもまれに見られます。

表1 悪性リンパ腫の主な種類

非ホジキンリンパ腫
(約9割)
  • 50~60代以降に多い
  • B細胞性、T細胞性/NK細胞性に分けられる
  • 頻度の高いものに、中悪性度のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫、低悪性度の濾胞性リンパ腫、高悪性度のバーキットリンパ腫などがある
ホジキンリンパ腫
(約1割)
  • 50~60代以降だけでなく20代くらいの若年者にも起こる
  • 古典的ホジキンリンパ腫、結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫などがある

 年齢に関しては、悪性リンパ腫になりやすいのは中高年以降です。ただし、非ホジキンリンパ腫が50~60代以降に多いのに対し、ホジキンリンパ腫は20代で発症する人もいます。

リンパ球ががん化する原因は何なのでしょうか。

木崎 多くのがんと同様に、リンパ球のがん化も何らかの原因で遺伝子異常が生じて起こることは分かっていますが、まだ解明されていないことが多くあります。

 分かっている原因の例を挙げると、膠原病のシェーグレン症候群や、甲状腺疾患である橋本病など、免疫機能が下がるような病気があると悪性リンパ腫が発生しやすいと言われます。 また、関節リウマチの治療に用いる、メトトレキサートという免疫抑制剤から引き起こされることもあります。

 ウイルス感染も大きなファクターです。EBウイルス(*1)やC型肝炎ウイルスなどに感染した人は悪性リンパ腫になりやすいことが分かっています。また、西日本に多い成人T細胞白血病/リンパ腫は、HTLV-1ウイルスの感染によって引き起こされます。細菌感染も同様で、胃がんの原因として知られるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)に感染すれば、胃のMALTリンパ腫が発生しやすくなります。

*1  EBウイルス(Epstein-Barr virus)はヘルペスウイルスの1つ。成人のほとんどは感染経験があり、通常は感染しても自然に排除される。唾液などから感染して伝染性単核球症を発症したり、バーキットリンパ腫やホジキンリンパ腫などの悪性リンパ腫のほか上咽頭がん、胃がんなどさまざまながんを引き起こしたりすることがある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *